スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回全日本民医連看護介護活動研究交流集会in青森 開催

2014年10月12~13日に、交流集会が青森リンクステーション・ホテル青森で開催されました。
メインテーマ「いのち・人権・くらしを守り支えきる民医連の看護介護の力」~地域と未来への懸け橋として~掲げ、全国から917名が参加され、456演題が発表されました。
ERスタッフからも各委員会代表で「院所を超えた新卒看護師の横のつながり」「人工呼吸器装着患者の早期離脱に向けた取り組み」、ER学習グループから「院内トリアージ能力向上に向けて」「非常通報システム導入後の職員の意識調査」について4名が参加し発表してきました。全国からの発表を聴き刺激を受けてきました。
スポンサーサイト

救急初期対応☆

9月中旬ですが’救急初期対応A’という講義を聴きに仙台へ行ってきました。
4時起き(-_-;)で始発の新幹線で約90分、あっという間に着きました。
有名なH先生とK先生の講義だったのですが、とっても話が面白くて朝早かったこともあり、眠くなるんじゃないかな…という不安を見事に裏切り、最後まで楽しく勉強することが出来ました。
もちろん帰りは牛タンを食べてきましたよ☆
今回は基礎ということもあり、トリアージやショック、胸痛腹痛の鑑別方法など、救急の現場でここだけを押さえておけば大丈夫!という初心者の私にとっては、とてもありがたい内容でした。
少しでも日々の業務の中に役立てて頑張っていきたいと思います。

八戸PTLS

8/30に八戸PTLSへ参加してきました。
朝4時起きで始発の新幹線に乗り、揺られること20分、八戸に到着しました。眠むい目をこすりながら無事に八戸市民病院に着きました。
午前中は今先生をはじめとする講師の方々の笑いありの軽快なトークでPrimarySurveyや家族対応、GCSについて楽しく学ぶことができました。
午後はPrimarySurveyなど今まで学んだことを実際に行いました。はじめは緊張しましたが、回数を重ねるごとに理解が深まり、これからの外傷患者の対応に少し自信がついた気がします!!
今回の研修には青森県はもちろん全国からもたくさんの方が参加しており、お互いの病院の情報交換をしたり励ましあったりと充実した研修となりました。

弘前ねぷた

8月になり今日から弘前ねぷたが始まります。今年は、健生ねぷた保存会が出陣します。1年目の研修医も張り切って参加してますので是非探してくださいね。
ねぷたが始まると、怪我や熱中症の患者さんが増え、県外の観光客の方多くもERを受診されます。皆様健康管理に注意しながら、祭りを楽しみましょう(^o^)/

「プリセプター支援術」講義参加

7月23日青森県看護協会主催の「プリセプター支援術」を1日学んできました。新人看護職員を支える組織体制では、このプリセプター制度を導入している病院やエルダー制を導入して支援していたりと個々の病院で異なります。学びあう関係は、タテでなくヨコの関係を大切にし、相互に学び成長できるようよう支援していきたいです。

(プリセプターシップ:1人の新人に決められた経験のある先輩看護職員がマンツーマンである一定期間オリエンテーション担 当をする方法)
(エルダー制:決まった先輩看護職員が相談役となり、生活・精神面での支援を担当する方法)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。